僕が彼に出会ったのは2014年の1月。

風の強い、それはそれは寒い日だった。

メッセージのやりとりを1、2回しただけの彼と、実際に会ってみる事になった。

普段、ストレートとして生きてきた僕にとって、勇気を振り絞りきった1日だった。

そうそう、彼はアメリカ人だが、俺は英語が話せない。

今回は外国人同士の恋愛について・・・僕が彼に対して感じていることを書いていこうと思う。

 

彼の5つの特徴

  1. 食べ物へのこだわりが強い
  2. 時々間違える日本語が可愛い
  3. 僕の写真を撮りたがる
  4. 歩くのがすさまじく早い
  5. カラオケが大好き

 

1.食べ物へのこだわりが強い

これは僕ら世代の日本人にはない感覚だと思う。

納豆やフルーツを主食にして、ちゃんと栄養のバランスを考えている。

おなかが空くと不機嫌になる。

典型的独身男の食生活は、彼によって少し改善された。

 

2.時々間違える日本語が可愛い

彼は日本語での日常会話が可能だ。

日本語検定の合格を目指して、とても努力をしている。

しかし、僕は時々間違えてしまう彼の日本語が大好きだ。

彼の日本語力の上に成り立つ交際である以上、こんな事を言うのは彼に失礼だけど。

 

3.僕の写真を撮りたがる

これは本当に理解不能。でも、なんか楽しい。

 

4.歩くのがすさまじく早い

僕が遅いせいもあるけど、時々5mほど離れてしまう事がある。

何をそんなに急いでいるのやら。

 

5.カラオケが大好き

海外には日本のようなカラオケボックスというスタイルはあまりないらしい。

僕ら日本人が映画でよく見る、パブのステージで知らない人を前にして歌う・・・それがスタンダード。

だから友達と自由に歌ったり、踊ったりする事が本当に楽しんだと。

 

僕は日本の最南端の小さな小さな島、沖縄で生まれた。

アメリカ人は、小さい頃から身近な存在で、日常の風景だった。

そのせいか彼の事を特別に外国人だと意識した事はあまり無い。

時々、日本人は〜とか、アメリカ人は〜と会話を始める事もあるけれど。

しかし文化の違いを互いに尊重しあう事は、国際恋愛で最も重要な事だと思う。

違いを咎めるのではなく、理解をもって接しるように心がけている。

第二次世界大戦時、敵国であり、侵略も受けた国の出身者と交際している僕を、天国の祖父はどう思うかな。笑

今日はもう眠いのでここで終わります。

以上、ブログビギナーのウォーミングアップでした。

Did you enjoy this article?

Support Takurei's Room with a one time contribution via PayPal.